FX投資ナビ

指値注文

指値注文とは?

指値注文とは現在の価格よりも有利なレートを指定する注文です。 例えば現在のレートが1ドル100円だったとします。「99円に下がったら買おう」と考え、99円で買い注文(新規注文)を行います。 そして99円で買ったポジションを「100円に上がったら売ろう」と売り注文(決済注文)を出します。 こうして自分の相場予測で利益を出すために、買い・売りの注文を行うことが指値注文です。

指値注文と他の注文方法の違い

成行注文との違い

成行注文はレートを指定せずに、現在提示されているレートで発注する注文方法です。 すぐに注文が約定するため、相場をみながら迅速に取引を行う場合に使用します。 指値注文と違って、ギリギリのところで指値まで届かず、その後反転して損失が拡大することは防げます。 しかしチャートをずっと見ていなければならず、見れない場合は取引チャンスを逃す可能性があります。 また成行注文では、スリッページが発生することがあります。そのため不利な価格で約定する可能性があります。

マーケット注文

スリッページ対策として「マーケット注文」があります。スリッページの許容値を設定しておけば、許容値以上に不利な方向へレートが進んだ場合の約定を防ぐことができます。 仮にスリッページの許容値を0に設定すると、自分にとってわずかでも不利な方向へレートが進んだ場合は約定しません。 また約定レートを発注時と同じレート、もしくは自分に有利な方向へスリッページしたレートに限定することも可能です。

ストップ注文(逆指値注文)との違い

ストップ注文(逆指値注文)とは現在のレートよりも不利な方向へ動いた場合、これ以上損失を拡大させないために行う注文方法です。 例えば1ドル100円で買ったポジションが、その後下がっていっています。このまま放っておくと損失の拡大が止まりません。 うまく上がっていけば良いのですが、保証金も少なくなってきています。 ロスカットあれる前に、「98円まで下がったら売ろう」と損切りの注文を行います。 長期的にFX取引を続けていくためにも、ストップ注文を適切に活用するべきです。

指値注文のメリット・デメリット

指値注文のメリットは、事前に注文が予約できることです。チャートの前に座り続ける必要はなく、自分が指定したレートに達すると約定します。 デメリットは現在のレートから離れすぎた注文を入れると、なかなか約定しません。 チャートを見続けていれば注文できたレートで約定することができず、チャンスを逃すことがあります。

指値注文で約定させるコツ

現在のレートから離れすぎていると、指値注文はなかなか約定しません。 かと言って現在のレートから近いレートで指値注文をしてしまうと、相場の転換点だったと後から分かることもあります。 その後損失が拡大してしまうことになるので、約定させれば良いというものでもありません。 過去のチャートと比較して、現在が高値圏なのか底値圏なのか? 現在のトレンドはどちらなのか? チャート分析も絡めると、うまく指値注文が約定するようになります。