FX投資ナビ

マーケット注文

スリッページとは?

スリッページとは注文発注時に提示されていたレートと、実際に約定したレートの間にずれが生じることを言います。 従来の取引では金額の誤差はスプレッドのみで、あらかじめ設定されているレートで価格が決まり、取引を行います。 しかし為替相場は時に、急激な変動を見せることがあります。 その原因について説明していきます。

スリッページが発生する原因

スリッページは投資家が発注してから、その注文がFX会社のサーバーに届くまで、わずかな時間が生じます。 そのわずかな時間の間に相場が大きく動いてしまうと、注文とはかけ離れたレートで約定してしまうのです。 スリッページが発生する場面としては、米雇用統計や経済指標が大方の予想と違っていた場合や、突発的な予期せぬ事象が起きた場合に起こります。 また休場明けのチャートに窓が開くことがあります。 このタイミングでもわずか数秒でチャートが乱高下し、損切り注文が遠く離れたレートで約定してしまうことがあります。

スリッページの対策

マーケット注文なら許容スリッページ幅を設定できる

こうした思わぬスリッページを回避する方法として、注文する時にずれ幅をどこまで許容するのか設定できる「マーケット注文」という方法があります。 マーケット注文でスリッページの許容範囲を設定しておけば、注文を出した後に許容値を超えて不利な方向へレートがずれた場合、注文は不成立となるのです。 例えばマーケット注文でスリッページの許容値を20銭に設定して、100.00円で買い注文を行います。 もし100.30円にずれた場合、許容値の20銭を超えているため、注文は不成立となります。 逆にトレーダーにとって利益となるスリッページは、その注文は成立するルールとなっています。

スリッページのおすすめ許容範囲

スリッページの許容範囲は取引金額やトレードスタイルによって異なります。設定としては数pips~50pipsが多いようです。 スリッページの設定を0にすることもできます。しかし大半の注文が不成立となってしまい、なかなか約定しません。 そうすると約定を急ぎがちになり、自分のルールやトレードスタイルを崩すことになってしまいます。 スリッページの許容値は約定を優先にする場合は大きめに、価格を重視する場合は小さめにすると良いでしょう。 取引を積み重ねる内に、自分のトレードスタイルに合ったスリッページを見つけることができるようになります。

スリッページに関するよくある質問

スリッページの許容値を0にするとどうなりますか?

スリッページの許容値を0にした場合は、少しでも不利な方向に変動すると、全て注文は不成立となります。 少しでも不利なスリッページが発生した場合は、約定させたくないという場合は、この設定にすると良いでしょう。 しかい注文自体はなかなか成立せず、思い通りにトレードできない可能性もあります。

指値注文や逆指値注文ではスリッページが発生しますか?

指値注文では基本的にスリッページや発生しません。 年末年始や連休明けで指定レートを超えていた場合は、その時点のレートで注文が成立するため、結果としてスリッページとなる可能性があります。 逆指値注文では実勢レートが指定レートに到達してから注文が約定されます。このため相場変動が大きい時はスリッページが発生することは、十分に考えられます。